ペットシッターみなみをご利用のお客様へ

(以下の内容に同意の上ご契約となりますので必ずご一読下さい)

 

重要事項(利用規約)

 

 

新型コロナウイルス感染拡大防止対策

 

シッターは毎日朝晩2回の検温を実施し、お伺い前後には手洗い、アルコール消毒の徹底をお約束します。

業務中は基本的にマスクを着用し、お世話毎に消毒済のスリッパを持参し対応しております

 

過去2週間以内に発熱、体調不良等があった方、また家族や接触があった身近な方に、体調不良の方がいた場合のご依頼はご遠慮ください。

 

シッターと対面の際にはお客様のマスク着用お願いいたします。

 

シッター本人、またはその家族や濃厚接触者に、発熱/体調不良等の症状があらわれた場合、お引き受けしたシッティングをお断りせざるを得ない状況になることも考えられます。シッターがお世話にお伺いできない緊急時に備え、ペットの最低限のお世話をお願いできる方へ、事前にご相談くださいますようお願いいたします。

一人で運営しているため何卒ご理解、ご協力お願いいたします。

 

飼い主が新型コロナウイルスに感染した、またはその可能性がある場合の療養入院中など、当店ではペットのお世話をお引き受けすることが出来ませんのでご了承ください。(アニコムプロジェクト推奨しております #StayAnicom

 

 

ご予約について

 

受付順にお引き受けしております。初回は事前打合せも必要となりますので、ご予約はなるべくお早めにお願い致します。
シッティング訪問の細かい時間指定は出来かねます。

また、キャンセルの場合も早めにご連絡下さい。前日15時よりキャンセル料が発生しますのでご注意下さい。

(コロナ禍につき当面の間、キャンセル料はいただません)

 

天候、交通状況、また、シッター状況(他のお世話中のペットの体調不良、アクシデント発生時等)によってはお約束の時間帯に到着できない場合があります。予めご了承ください。

 

 

シッター利用に際して


ペットの健康については些細なことでも必ずお知らせ下さい。場合によってはご依頼を承れないことがあります。

 

以下の場合、ご依頼をお断りさせていただきます。
・重篤な怪我や病気で急変の可能性が高い、またはシッターの対応出来ない投薬や処置等が必要な場合。
・シッターとペットとの相性が著しく悪い場合や、非常に攻撃的でお世話が不可能と判断した場合。
・ノミがいたり、感染症が疑われるペットの場合。

 

シッターが感染症を媒介しないよう細心の注意を払っておりますが、ワクチン未接種による伝染病の感染については、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

シッティング中、お世話に必要ではない場所へは一切入らないことをお約束致します。
貴重品や触られては困るもの、壊れやすいものなどは事前に整理頂きますようお願い致します。

 

お預かりした合鍵は大切に保管しシッティング時以外の使用やコピーの作製をすることはありません。

 


緊急時の対応

 

ペットに異変が見られた場合は、ご家族様に連絡しご指示のもと対応致します。必要な場合は、かかりつけや近隣の動物病院へ搬送しますが、治療費は実費分をいただきます。シッターが緊急時対応の為、規定時間以上拘束された場合は延長料金を申し受けます。

 


免責事項

 

ペットのお世話には細心の注意を払って行いますが、万が一不可抗力により、ペットの死亡・病気・逃亡事故等発生した場合の損害賠償、あるいは慰謝料の請求には応じ兼ねます。シッターの管理下に無い、留守宅での盗難や火災、その他の事故に関しても責任を負い兼ねますので合わせてご了承下さい。

 

 

個人情報の取り扱いについて

 

お客様に提供していただいた個人情報については、個人情報保護法を厳守して取り扱っております。ご利用者の同意がある場合、法令に基づいて必要と判断される場合、人の生命に関わる緊急の連絡の必要がある場合を除き、シッティングや依頼いただいた仕事以外の目的で使用したり他社及び第三者に情報を開示したりすることはありません。

 

 


 

 

当店は万が一に備え

「ペットシッター士総合保障制度に加入」しております。

 

 

ペットシッター士総合保障制度とは...

 

この補償制度は「※日本ペットシッター協会」の正会員のみが加入できるもので

シッター業務に起因して他人の身体に障害を発生させたり、家財などの損害を与えた場合に補償されます。

全てのペットシッターが保険制度に加入しているわけではありませんのでご注意ください。

ペットそのものが被った損害に対する、飼主さまへの賠償責任は対象になりません。

 

例えば...
・犬の散歩中に、第三者や他のペットに噛みついて怪我を負わせてしまったとき
・リードが引っ掛かり、自転車やバイクを転倒させ自転車やバイクに損害が発生したとき
・シッティング中に誤って家具を壊してしまったとき
・お預かりした鍵を誤って紛失してしまい、お客様宅の鍵及び錠の交換をすることになったとき

 

保険金をお支払いできない場合...

・故意または重大な過失によって生じた損害や賠償。
・偶然ではない事故による傷害、損害、賠償責任。
・地震、噴火またはこれらによる津波などの不可抗力によって生じた傷害、損害、賠償責任。
・留守中における飼い主様の貴重品の紛失など、シッターの管理下にない物等の損害の場合。

 

 

※1997年より優秀なプロのペットシッター士を育成するとともに、全国各地に支部を設け積極的な地域貢献を行っている日本で初めて設立されたNPO法人。